スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地

数日前、被災地で演奏する機会がありました
レミオ亮太くん、バイオリニストの水野紗希さんと三人の編成

レミオ(この場合は亮太ソロですが)としてはap bank fes 以来だし、
教えてよー!というファンの人もたくさんいたと思うけれど、
あくまで復興支援の一環という事で、インフォメーションは控えました
会場になった現地の小中学校に何らか迷惑が掛かってもいけないし

ライブの様子、非常に詳しく、水野さんのブログに載っているので、
興味のある方は是非

水野紗希ブログ


もう、震災から半年が過ぎたけれど、それでも、陸前高田の現状を目にした時は、
肩や首に重い金属の塊が落ちてきた様な、ショックを味わいました

瓦礫だけが、あちこちに山のように堆く積まれていて、他には何もない
半年前は町があった、という事が信じられないくらいでした

施設の様な大きめの建物は、さすがに津波に流される事はなく、
かろうじて形を留めてそこに在ったけど、
4、5階付近まで壊滅的に壊れているその様子は、
あの日の津波の圧倒的な力と高さを伝えていました

平地に立って斜めに見上げる高さ、それだけは、現地に行っても何かフィクションの様な、、
とにかく、途方も無く、
遭遇した人たち以外は、きっとリアルに想像する事も出来ない、
そんな規模であったんだと、
そして、半年経った今も、何ら復興出来ていない、そんな簡単な傷ではないんだ、と
痛感させられました

だけれど、今回巡った、陸前高田、いわきとも、
見てくれた地域の方々、特に今回の主賓である小学生中学生が、とても楽しんでくれていた事、
皆さんが、前を向いて、微笑んでいた事に、すごく救われた、というか

被災地を訪れる多くの人が、決まって言う事ではあるけど、
励まされたのは自分の方でした ありがたい

もし、機会があれば、読んでくれている皆さんも、是非被災地に足を運んでください
それが興味本位であっても、それでも、価値のある経験になるでしょう

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

被災地での演奏お疲れ様でした。
目を覆いたくなるような状況になってしまった街にならされた
皆川さん、亮太くん、紗希さんのメロディーや歌声は
きっと現地の人にとって忘れられないものになったと思います。

小中学生の笑顔、、、本当に良かったです。

皆川さんをはじめ、紗希さんもブログで様子などを伝えてくれて嬉しかったです。
読んで改めて、一日も早く復興が進むことを願いながら、
自分にもできること探していけたらいいなと思いました。
小さなことでも続けていきたいです。

被災地に出向くということ。

はじめまして。(とは言っても、レミオロメンのライブでは何度かお会いしていますが)
2日間にわたって被災地でライブをして下さったとお聞きして、とても嬉しく思いました。ありがとうございました。
キーボードとヴァイオリン、アコギで届ける亮太さんの歌声は、きっと皆さんの心の奥まで響いたことでしょう。そこに行って、その景色の中で音楽を届けることの意味を、皆川さんのブログを読んで改めて噛みしめています。
ボランティアが出来る訳でもなく、遠くから細々と続けている支援。被災地に出向くなど、迷惑にしかならないと思っていました。でも、いろんな方が「行ってよかった。行かなければわからない事がある。」と仰っていますよね。最後の言葉に、自分の目で見ておくべきなのかな~と少し考えを改め始めました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。