スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッション

日頃、音楽というモノを仕事として、
或る種、日常的に取り組んでいるわけだけど、

やはり、とりわけ嬉しいのは、
大好きな演奏家たちと一緒に音を出して、
大いに刺激をもらったり、
音楽の渦の中に一緒に溶け込んでいく様な、そんな瞬間

昨日今日、素敵なミュージシャンの方々と音を出し、
そんな音楽の魔力を存分に味わいました

昨日は大知正紘くんのRec

お集まり頂いたのは、夏にsalyuライブでもご一緒させて頂いた、この御三方



左から
あらきゆうこ(Dr) 名越由貴夫(Gt) キタダマキ(B)
いつも有り難うございます 素晴らしいです 本当に 


そして今日は日本屈指のインストバンド、toeのリハでした
ミラー越しショット

Real Camera+

激しさの中の美しさ、混沌の中の秩序、そして沈黙
そんな事を見事に音楽として具現化している、恐るべき侍たち

toeのライブは2年振りくらい(つまり一緒に音出すのも2年振り)なんだけど、
今日いきなりいい感触で おぉぉ!!って感じだった 
あとは、感じ合いすぎて本番、白目むいたりしない様に気をつけたい

今回は3カ所ほど参加するんだけど、まずは、
9/24 (Forest Feast 20110@山梨 白州尾白の森名水公園 べるが に参加しまーす 



今日紹介した方々は共通点があり、
皆さん、もちろん日本在住ではあるんだけど、世界規模で音楽をやってたりする

toeも海外で公演したりしてるし、
ゆうこちゃんはコーネリアスで世界を巡ったり、最近ではオノヨーコさんとかね

名越さんは伝説が多い人で、NYのスタジオでyentown bandのRecでギター弾いてたら
隣のスタジオにいたレニクラが「今ギター弾いてたの誰?」って見にきたりとか、
そのままノリで(かどうかは不明だけど)バネッサのツアーに参加したりだとか

まぁ別に、知り合い自慢とか、海外で活躍したい、とかでは無くて、
何が言いたいかというと、
楽器の演奏には国境なんて無いって事

言葉を交わさなくても、演奏を通じて感情を共有する事は出来るだろうし、
日本にいても何処にいても、広い世界との繋がりを感じながら、
何ら臆する事なく、色んなセッションを楽しみたいな、と思う

ついつい暮らしのためとか、仕事とか、音楽を手段として捉えてしまう事もあるんだけど、
そうじゃなかった 人と繋がるためにやってたんだった、と再認識した、
そんな昨日今日でした




コメントの投稿

非公開コメント

No title

皆川さん、こんばんは!

素敵なお仲間ですね~♪
toeの音楽は少しだけ聴いたことがあります。ipodに入ってます!
うまく言えないけど音楽の奥深さみたいなものも感じさせてくれるバンドですよね。

私は音楽を奏でる側ではなくて、受け取る側ですけど
ライブなんかでは一緒に溶け込んでく瞬間みたいなのを感じることがあります。
皆川さんが感じるそれとはまた違うかもしれないけど、とっても素敵な瞬間だと思ってます(*^^*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。